外資系企業の特徴とは?

徹底した成果主義について

日本人の転職先として人気の外資系企業ですが、人気を集めている理由の一つに報酬水準が高いということがあります。これは、日本に進出している外資系企業と同業の日系企業とを比較した場合に概ね当てはまる傾向なのですが、その背景には日系企業とは異なる外資系企業ならではの従業員の評価体系があります。それは、成果主義という言葉で知られていますが、高い成果を上げた従業員に高い報酬を持って報いるという点が徹底されているということです。ただし、成果の評価基準はあらかじめ従業員ごとに設定される目標によって決まることから、もともとの目標が高い従業員がそれを少し上回るくらいの成績を上げたとしても平均的な評価しか得られないということは理解しておくとよいでしょう。

意外とチームワークが重要

一般的なイメージとしては、外資系企業では成果主義が徹底されているがゆえに、従業員の個人プレーが重要となると考えがちです。しかしながら、これは必ずしも正しくありません。外資系企業は複数のリーダーのもとに組成されているチームの集合体であることが多く、個々のチームの結束力は日本企業でもなかなか見ないほど強力であることがあり得るのです。そういったチームは、転職においてもリーダーと行動を共にすることが良く行われているため、就職後に自分がどのチームに所属するかはその後のキャリアを形成する上で非常に重要となるのです。そのため、外資系企業への転職活動を行う場合は、応募先の企業の特徴だけでなく、実際に配属されるチームがどういった人々で構成されているのかについてもしっかりとチェックした方がよいでしょう。

© Copyright Opportunities To Work Abroad. All Rights Reserved.