外資系企業で働くことのデメリットは?

デメリットを把握した上で最終的な決定を

外資系企業に転職または就職する事を考えている方は、デメリットを予め把握した上で最終的な答えを出したいところです。日本企業に比べてオープンマインドな企業風土があり、上司と部下の関係性がとてもフランクとなっています。成果主義が採用されている組織が大多数であり、年齢や性別や学歴や職歴などにかかわらず、個人の能力次第で昇進や昇給が成し遂げられるのもメリットです。 ただ一方で日本企業とは違い、外資系の大企業には年功序列制度や終身雇用制度などが存在しておらず、スタッフ全員が成果主義と実力主義を強く意識しているため、良くも悪くも職場はあくまでビジネス専用の場所だと割り切っている方々がほとんどです。互いのコミュニケーションは常に最小限で人間関係も基本的にドライ、こういった企業風土の職場が多いのがデメリットです。

人事評価がシビアだったり、外国語で会議をしなければいけない点

人事評価が非常にシビアになっている外資系企業も多く、いわゆる平均的な成果を十分出しているにもかかわらず、努力不足だと厳しい判定を受ける可能性があるのです。外資系の魅力は、努力次第で高い月給やボーナスが受け取れる点ですが、査定次第では反って日本企業の平均給与並、あるいはそれ未満の給与水準となります。待遇面においては、ハイリスクハイリターンなのが外資系企業のデメリットとも言えます。

グローバルにビジネスを展開する企業であれば当然のように、外国人の方が上司になったり、同僚になることも多いです。コミュニケーションは英語や中国語、韓国語などで交わされますので、自然と外国語のスキルが要求されます。自分が得意な言語であれば、まったく問題はありませんが苦手な外国語で大事な打ち合わせをしたり、会議をする事はかなりのストレスになります。

© Copyright Opportunities To Work Abroad. All Rights Reserved.